ニキビケア効果ない?ニキビ治し方のおすすめ口コミ【本音体験談】

ニキビの悩み【ニキビマニア治田ニキ美の長年の苦悩って?】

ニキビって本当に厄介ですよね。どうしてニキビというのが存在するのか、考えただけで凹んできます。

ニキビの悩みといっても、ニキビそのものに対するものから、ニキビがあることでのコンプレックスといった精神的な悩みもあります。

ニキビのある方であれば、色々と悩みがあると思います。それは私も同じでした。今は昔に比べて酷くはないので、悩み的に言えば落ち着いていますが、やはりコンプレックスというのを完全に取り去る事は出来ていません。

1531

あと、一人で悩んでいた時に「みんなはどういう事を考えているんだろう」「こういう時ってどういう風に改善していけばいいんだろう」ってずっと疑問に思っていました。これは私だけでなく、ニキビに悩む多くの方が抱えているんだと思います。

そういう方の悩みの部分を少しでも緩和できればと思いますので、今から私が長年抱えていたニキビの悩み、そして、それをどういう風に乗り切ってきたかをお話していきますね。

まずは症状的な事からお話しましょう。
ニキビって、一つできると二つ、三つと出来てきます。ニキビ菌の繁殖が原因なのでしょうかね。だから、1個出来て「あ…またニキビだ…」って思っていると「あれ?また出来たの?!」となります。精神的にはかなりきついですね…。1個出来たと思ったらすぐにケアをしないと、このパターンはずっと続いてきます。

ニキビって1個目と近い部分に出来てしまいます。1個だと目立たなくても複数個固まると凄く目立ってくるので、直ぐにケアする様にしましょうね。

でも、手遅れでニキビが固まった時は炎症が炎症を呼ぶって感じで、一気にニキビの状態が悪化していきます。これにはかなり悩まされました。

状態が酷くなるとニキビが化膿し始めるので、その周囲一帯が腫れている様になります。顔のその部分だけぽっこり…。これはニキビにおいての一番重い悩みではないでしょうか。

次の悩みはメイクです。男性の方は問題ないのですが、私たち女性はメイクをしなければなりません。メイクって肌にやさしくはないんですよね。

だから、ニキビが出来ている時にいつもと同じ感覚でファンデを塗ってしまうと一日にしてニキビが悪化する事もあります。

ナチュラルメイクを心がけても、やはりニキビには負担が…。パウダーファンデなどで対応していくのがベストだと思います。そして、外出から帰ってきたら直ぐにメイクを落として化粧品でケアをする事!1秒でも早くメイクを落とす様に心がけていくのが大切だと私は思います。今は高校生でもバッチリメイクしているみたいですが、思春期ニキビであっても、ニキビの状態が酷い時は一時的にメイクしない事をお勧めします。

あと、意外と悩むのが皮膚科にいくかどうか…。ニキビケア化粧品を使ってケアをする事も出来ますし、皮膚科に通ってニキビの治療をする事も出来ます。これについては多分、多くの方が悩まれていると思います。私も皮膚科に通っていた時期がありました。

結論から言うと、ニキビケア商品の方が良いと私は思います。なぜなら、ニキビが治った後の事を考えるからです。皮膚科はニキビの治療が目的となりますので、先生はひたすらニキビを治すための治療をしてくれます。当然、お薬も出る為、治り自体は早いです。炎症を起こしているニキビでもお薬を使えば短期間で改善されます。

2-2

でも、お薬って副作用がありますよね。ニキビを治す薬の多くは肌を傷めるといった副作用がありますので、ニキビが治ったとしても、素肌がボロボロに…となってしまいます。これに対してニキビケア化粧品は「ニキビを治して美しい肌へ」というコンセプトになっている為、治り自体は多少遅くても治った後の素肌が綺麗というメリットがあります。ニキビを治して終わり…であれば皮膚科でも良いでしょうが、治った後には綺麗な素作りが必要になってくるので、これを考えた時にはニキビケア化粧品を使った改善方法の方が良いワケです。

次に精神的な悩みについてです。

コンプレックスを抱えてしまうのは仕方ないですね。私も未だにあります…。

自分では気にしない様にって思っていても、ちょっとニキビが出来てしまうと、物凄く人の目が気になってしまうんですよね。でも、悲しい事に人ってあまり出来たニキビに関して興味がありません。気にしているのは自分だけと思う様にしたのですが、これで結構楽になりました。

この様に思えれば良いですが、思えない時は「もう、最近疲れ溜まっててニキビ出来ちゃってねー」とこちらから相手に言ってしまうのも良いです。なんてことない一言ですが、これを言う事で「見られたら嫌」「気付かれたら嫌」という思いを消す事が出来ます。

ただ、私の様に長年ニキビに悩んでいると、何をしても自分に自信が持てず、殻にこもってしまう様な時期も出てきます。殻にこもってしまった時は、ニキビケアに集中するのが一番良いですね。

自分に自信を持とうとしても鏡をみれば、その決意が音を立てて崩れてしまいますから…。少しでもニキビが良くなれば前向きに取り組む事が出来ます。一歩一歩確実に前に進む事を心がけていきましょう。

また、当事者ではなくお子さんや友人がニキビに悩んで殻に閉じこもっている時は言葉に気を付けてあげる様にしましょう。想像しているよりも深く悩んでおり、いつも以上にデリケートになっている為、元気づけるための一言が相手を傷つけてしまう事があります。これ、私も経験あります…(汗)

ニキビで悩んでいる私を友人が励まそうとして「ニキビはいつか治るから頑張ろう!」って言われたのですが

「そのいつかっていつよ?!」
「あなたには分からないわよ!」

と相手に対して怒りの感情が沸いたのを覚えています。励ますよりも見守るというのがベストですね。

以上が、私が今までニキビに対して悩んでいた事です。この悩みはニキビを抱えている方であれば、誰でも通る道だと思いますので、私がお話した事を頭に入れてもらって、それを参考に乗り越えてもらえると嬉しいです。


orrbistoppp
公式ボタン
sikiri
ニキビケア効果ない?ニキビ治し方のおすすめ口コミ【本音体験談】 > 管理人「治田ニキ美」とは? > ニキビの悩み【ニキビマニア治田ニキ美の長年の苦悩って?】

関連記事

  1. 当サイトのご利用ガイド【ニキビケア化粧品本音の体験談大暴露】
  2. ニキビに悩む管理人「治田ニキ美」のプロフィール
  3. ニキビ治らない?ニキビケアのダメ化粧品撲滅のため


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)